【手数料なし】つみたてNISA口座を楽天証券からSBI証券へ変更した手順

  • URLをコピーしました!

2023年からつみたてNISA口座を
楽天証券からSBI証券へ移動したい

このような方に向けた記事です。

楽天証券のサービス変更が相次ぎ
2023年のつみたてNISAはSBI証券
乗り換えしようと決意し、手続きしました。

この記事ではつみたてNISA口座の
証券会社変更手順を解説しています。

注意するポイントや疑問点も
まとめました。

つみたてNISA口座変更まとめ
  • 楽天証券から書類をもらう
  • SBI証券から書類をもらう
  • 記入してSBI証券へ郵送
  • 2023年の移動申請はすでにできる
  • 廃止手続きをしても年内は積立ててくれる
  • 積立設定は年末で自動解除してくれる

・一度購入してしまうと1年間は金融機関を変更できない
詳しく見る

・口座の移動手続きには数週間かかる
詳しく見る

タップできる目次

楽天証券からSBI証券へつみたてNISA口座の乗り換え手順

①楽天証券から勘定廃止通知書を送ってもらう
②SBI証券でキャンペーンにエントリー
③SBI証券から非課税口座開設届出書を送ってもらう
④記入した書類などをSBI証券へ郵送

①楽天証券から勘定廃止通知書を送ってもらう

つみたてNISA口座を移行するために
現在使っている証券口座から
勘定廃止通知書」を送ってもらいます。

楽天証券トップページ
引用:楽天証券

楽天証券ログイン後
①つみたてNISA・NISAタブ
②[管理・手続き]をクリック

楽天証券NISA口座各種手続き
引用:楽天証券

NISA口座 各種手続き
金融機関変更手続き(楽天証券 ⇒ 他社)
[他の金融機関へNISA口座を移す]をクリック

楽天証券NISA口座を開設する金融機関の変更申込
引用:楽天証券

NISA口座を開設する金融機関の変更申込
2023年 非課税管理勘定の
[変更]をクリック

楽天証券金融機関変更/確認画面
引用:楽天証券

暗証番号を入力
[変更]をクリック

楽天証券金融機関変更受付完了画面
引用:楽天証券

これで受付が完了

楽天証券金融機関変更申込み完了メール

メールでも確認できます。

②SBI証券でキャンペーンにエントリー

つみたてNISA口座をSBI証券に変更するだけで
ポイントがもらえるキャンペーンがあるので
エントリーします。

時期によってキャンペーンが異なる可能性があります
2022年11月7日時点では2つありました

SBI証券トップページ
引用:SBI証券

SBI証券にログイン後
[キャンペーン]をクリック

キャンペーン1つ目

SBI証券投信積立&NISA金融機関変更キャンペーン第2弾
引用:SBI証券

[NISA金融機関変更キャンペーン]
をクリック

SBI証券投信積立&NISA金融機関変更キャンペーン第2弾エントリーボタン
引用:SBI証券

[キャンペーンエントリーはこちら]
をクリック

SBI証券投信積立&NISA金融機関変更キャンペーン第2弾メインポイント設定画面
引用:SBI証券

[貯めたいポイントを設定する]
からポイントを選択

1つめはこれで完了です。

キャンペーン2つ目

SBI証券NISA・つみたてNISA乗換キャンペーン
引用:SBI証券

[NISA・つみたてNISA乗換キャンペーン]
をクリック

SBI証券NISA・つみたてNISA乗換キャンペーン同意手続き画面
引用:SBI証券

[今すぐ同意手続き]
をクリック

SBI証券NISA・つみたてNISA乗換キャンペーン個人情報第三者提供への同意手続き
引用:SBI証券

個人情報第三者提供への同意
個人情報の取り扱いについて
を読みチェックを入れる

[個人情報第三者提供へ同意する]
をクリック

これで2つ目のエントリーが完了です。
あとはつみたてNISAを始めるだけ。

③SBI証券から非課税口座開設届出書を郵送してもらう

SBI証券から「非課税口座開設届出書
を郵送してもらう手続きします。

SBI証券NISA口座金融機関変更
引用:SBI証券

SBI証券ログイン後
NISA・つみたてNISAタブ
[NISA口座金融機関変更]
をクリック

SBI証券NISA口座金融機関変更書類申請画面
引用:SBI証券

口座を選択
約款を確認してチェック

[書類請求を申し込む]
をクリック

SBI証券NISA・つみたてNISA金融機関変更申請完了画面
引用:SBI証券

これで申込み完了

SBI証券NISA・つみたてNISA金融機関変更申請完了メール

メールでも確認できます。

④書類を記入してSBI証券へ返送

楽天証券からの「勘定廃止通知書」と
SBI証券からの「非課税口座開設届出書」
が届いたら、記入してSBI証券へ返送します。

口座開設までのスケジュール

楽天・SBIに申請2022/11/3
SBI証券から書類が届く2022/11/10
楽天から書類が届く2022/11/11
SBI証券へ返送2022/11/12
SBI証券で受付完了2022/11/17
SBI証券でNISA口座開設完了2022/11/25

勘定廃止通知書(楽天証券)

楽天証券封筒

楽天から封筒が届きます。

楽天証券勘定廃止通知書

必要な書類は1枚だけ
記入する箇所もありません

非課税口座開設届出書(SBI証券)

SBI証券封筒

SBI証券からの封筒

SBI証券非課税口座開設届出書

非課税口座開設届出書

SBI証券非課税口座開設届出書記入箇所

氏名を記入
変更があれば住所を記入

SBI証券へ返送

つみたてNISA口座金融講座変更必要書類

上で用意した書類と
身分証明書のコピーを準備

身分証明書は
・マイナンバーカード
・運転免許証
・在留カード
・特別永住者証明書
・印鑑登録証明書
・住民票
のコピーなら1種類で大丈夫です

SBI証券返送用封筒

SBI証券から送られてきた
返送用の封筒で郵送します

返送後の経過①

2022年11月17日(返送から5日後)に
SBI証券内に通知がきていました。

SBI証券つみたてNISA口座開設申込完了お知らせ
引用:SBI証券

開いてみると

SBI証券つみたてNISA口座開設申込完了お知らせ中身
引用:SBI証券

SBI証券側での受付が完了し
税務署での確認に入るとのことでした。

返送後の経過②

2022年11月25日(返送から13日後)に
SBI証券内に通知がきていました。

SBI証券NISA口座開設完了お知らせ
引用:SBI証券

開いてみると

SBI証券NISA口座開設完了お知らせ中身
引用:SBI証券

これで2023年からSBI証券で
つみたてNISAができるようになりました。

つみたてNISA口座変更のときに注意するポイント

つみたてNISA口座を変更するときに
注意しなければいけないポイントを
紹介します。

①一度でも購入があるとつみたてNISA口座は1年間移動できない
②口座の移動手続きには数週間かかる

年をまたいでのつみたてNISA口座変更
における注意点だけを抜粋

年の途中での金融機関変更の注意点は
公式ページをご確認ください。

①一度でも購入があるとつみたてNISA口座は1年間移動できない

NISA口座変更注意イラスト

年内に購入がある場合は
金融機関の変更ができません。

例えば2023年1月に楽天証券で購入すると
2023年の間は変更することができません。

楽天証券NISA口座金融機関変更注意点
引用:楽天証券

変更したい年のNISA・つみたてNISA口座をすでにご利用の場合は翌年まで変更いただけません。

引用:楽天証券

言い換えるなら
年内に変更ができなかったとしても
年明けに購入していなければ
金融機関の変更ができて
積立の額を調整すれば
満額つみたてが可能です。

②口座の移動手続きには数週間かかる

日本証券業協会Q&A31
引用:日本証券業協会

税務署の審査などもあるので
数週間かかります。

年明けからの口座変更を希望する場合は
11月中には申請完了したいところです。

Q&A

僕が口座移動手続きのときに感じた
疑問と解答を掲載します。

いつから手続きをすれば?

次の年(X年)から変更したい場合は
前年(X-1年)の10月から始めて大丈夫です。

今年分のつみたては満額使い切りたい

手続きをしても年内分は購入してくれます。

楽天証券つみたて設定年内買付予定
楽天証券つみたてNISA口座内の投資信託は移管する?

移管はしないで楽天証券で保有のまま
なので手数料はかかりません。

日本証券業協会Q&A30-33
引用:日本証券業協会

積立の設定解除は必要?

年末で自動的に解除してくれます。

楽天証券投資信託の積立設定解除スケジュール
引用:楽天証券

楽天証券積立解除通知メール

解除の通知が来ます。

楽天キャッシュの設定解除は必要?

残高キープチャージ設定の解除は必要

楽天キャッシュの残高キープチャージは
自動解除されないので、自分で解除が必要です。

まとめ:年内のうちに手続き完了を!

楽天証券からSBI証券へ
つみたてNISA口座を変更する手順
を解説しました。

つみたてNISA口座変更まとめ
  • 楽天証券から書類をもらう
  • SBI証券から書類をもらう
  • 記入してSBI証券へ郵送
  • 2023年の移動申請はすでにできる
  • 廃止手続きをしても年内は積立ててくれる
  • 積立設定は年末で自動解除してくれる

・一度購入してしまうと1年間は証券を変更できない

・口座の移動手続きには数週間かかる

SBI証券もサービス改定の可能性が
あるかもしれませんが
2023年はSBI証券でつみたてNISAを
進めてみようと思います。

参考になれば幸いです。

最後まで読んでいただき
ありがとうございました。

新署名
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

タップできる目次