【MACのバックアップ】TimeMachine(タイムマシン)頻度の変更

・Macのバックアップ頻度を変更したい

このような悩みを解決する記事です。

MacにはTimeMachineという
バックアップ機能が備わっていますが

頻度が1時間に1回!

こんなに高頻度だと

・PCが重たくなり作業に支障
・充電がすぐになくなってしまう

とあまり良いことがありません。

MacのTimeMachineを使いつつ
バックアップを自分の好みの
頻度に設定する方法について
解説していきます。

MACのバックアップ頻度変更まとめ
  • TimeMachine Editorをインストール
  • 好みの頻度に設定する
  • [バックアップの自動作成]を外す
  • スリープ時の設定は別途設定が必要
タップできる目次

Macのバックアップ頻度変更手順

Macのバックアップ頻度を変更するには
以下の手順を進めます。

①TimeMachine Editorをインストール
②バックアップ頻度の設定

①TimeMachine Editorをインストール

TimeMachineの
バックアップ頻度を調整できる

無料アプリ

TimeMachine Editor

をインストールします。

timemachine editor ダウンロードページ
引用サイト:https://tclementdev.com/timemachineeditor/

ダウンロードサイトヘ向かう
Download下からダウンロード

timemachine editorインストーラー起動
アイコンから開く

インストーラーを起動
説明に沿って進める

timemachine editor インストール完了画面
インストール完了

これでインストール完了です。

②TimeMachine Editor設定手順

バックアップ頻度の設定をしていきます。

timemachineditor 初期画面
起動画面

TimeMachine Editorを起動
Back upにチェックを入れる

timemachine editor 設定画面

これで設定ができるようになります。

頻度設定は

・不使用時
・インターバル
・カレンダー

から好きなものを選択します。

不使用時

timemachine editor 不使用時
不使用時選択画面

【不使用時】は

バックアップを取らない時間

を設定できます。

上図だと4:00から2:00の間
バックアップを取りません。

それ以外の時間で1時間に1回バックアップ

設定になります。

Create local snapshots every hour
(毎回ローカルスナップショットを作成)
は必要であればチェックを入れてください。

詳しくは
Time Machineのローカルスナップショットについて
を参照してください。

インターバル

timemachine editorインターバル
インターバル選択画面

【インターバル】は

バックアップを取らない時間
バックアップの間隔

を設定できます。

上図だと

4:00から2:00の間バックアップしない
1週間に1度バックアップをする

設定になります。

カレンダー

timemachine editor カレンダー
カレンダー選択画面

【カレンダー】は

・バックアップする日時

を設定できます。

上図だと

毎週水曜日3:00にバックアップ

設定になります。

Back up as soon as possible
if a back up time is missed
(バックアップできなかったとき
できるようになったらバックアップする)

は必要ないかなと思います。

僕のTimemachine Editor設定

僕は【カレンダー】にして
週1回木曜の深夜に
バックアップを取ることにしています。

TimeMachine editorオリジナル設定
毎週木曜の深夜設定

Timemachine Editorの詳細設定

更に細かく設定することができます。

timemachine editor 詳細設定解説画面
左下詳細設定から

[詳細設定を表示する]をクリック

timemachine editor 詳細設定画面

Don’t back up when an app prevents display sleep
(ディスプレイオフを妨げる場合はバックアップをしない)

Don’t back up when an app prevents system sleep
(システムオフを妨げる場合はバックアップをしない)

Don’t back up when not wired to the network
(ネットワークに繋がっていない場合はバックアップをしない)

どのバックアップ設定でも
詳細設定をすることができます。
必要に応じて設定してください。

TimeMachine Editor外の設定

TimeMachine Editor外の設定をします。

・TimeMachineの自動バックアップをやめる
・スリープ時のバックアップ設定

TimeMachineの自動バックアップをやめる

timemachine自動バックアップ設定
チェックを外す

左上アップルロゴ
システム環境設定
[Timemachine]をクリック

[バックアップを自動作成]の
チェックが外れているか確認します。
外れていない場合は外してください

スリープ時にしたい場合

スリープ時にバックアップがしたい場合は

Power Napを有効

にしておく必要があります。

システム環境設定内省エネルギー
電球マークが目印

左上アップルロゴ
システム環境設定
[省エネルギー]をクリック

Power Nap有効
チェックを入れる

[Power Napを有効にする]
にチェックを入れる

この設定をするとスリープモードでも
バックアップを取ってくれます。

ただし、MacBookなど
ノートPCはPower Napが有効でも
電源につながっていないと
TimeMachineが起動しません。

対策としては[省エネルギー]で
起動スケジュールを組み
その間にバックアップを取ります。

省エネルギー設定画面
省エネルギー設定

[省エネルギー]を開く
[スケジュール]をクリック

省エネルギースケジュール設定
時間設定をする

TimeMachineの起動に合わせて
PCを起動、スリープの設定をする

これで設定完了です。

Macバックアップ頻度変更まとめ

MAC標準搭載のバックアップ機能
TimeMachineの頻度調整について
まとめました。

MACのバックアップ頻度変更まとめ
  • TimeMachine Editorをインストール
  • 好みの頻度に設定する
  • [バックアップの自動作成]を外す
  • スリープ時の設定は別途設定が必要

参考になれば幸いです。

最後までお読みいただき
ありがとうございました。

署名
よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

タップできる目次
閉じる