iMacが起動しないときに試してみる5つの対処法

・iMacが正常に起動しない
・起動中に途中で止まる

このような悩みを解決する記事です。

我が家のiMacが突然動かなくなりました。
しょうがなく強制終了をかけて再起動・・・

macローディング画面
引用サイト:https://support.apple.com/ja-jp/HT204156

ぽちぽち

再起動が終わらない!

ロゴが出てバーが途中で止まったまま。

同じような状況になった方へ
解決の道筋として経過を
残しておくことにしました。

記事の内容
  • やってはいけない2つの行動
  • 我が家のiMacのスペック
  • 試してみてほしい5つの対処法
  • それでもダメな場合にやること
試してみてほしい5つの対処法
  1. ケーブルを外して起動
  2. SMCリセット
  3. NVRAM(PRAM)リセット
  4. セーフモードで起動
  5. リカバリモードで起動

これで直ればこの後に続く
作業は必要ありません。
私の場合はこれだけでは直すことができず
最終的にこちらの方法で解決しました。
>>>起動しないiMacからデータを安全に取り出す2つの方法

タップできる目次

やってはいけない2つの行動

iMacの修復作業に入る前に
これはしないほうが良いという
2つの行動について確認です。

①強制終了と再起動を繰り返す
②システム終了時に電源ボタン
 だけを長押し

順番に解説します。

①強制終了と再起動を繰り返す

処理には想像以上に時間がかかります。
長いときは半日以上かかることも。
すぐに反応しないと焦りますが
ぐっと我慢してください。

対策としては

・寝る前に操作して翌朝確認
・出かける前に操作して帰ってきて確認

など強制的にPCに触れない
時間を作ってあげると
放置ができます。

②電源ボタン長押しだけでシステム終了する

うまく進まないときは
強制的にシステムを終了させます。

ここでやってはいけないことが

電源ボタンだけを長押し

です。

USキーボード
US配列
JISキーボード
JIS配列

[control]、[option]、[command(⌘)]キー
+電源ボタン

でシステム終了してください。

iMacスペック紹介

今回フリーズをして再起動しなくなった
iMacのスペック紹介です。

・iMac Retina 5K 27-inch 2017
・Bug Sur 11.0.1

アップルシリコン搭載ではなく
intelプロセッサ搭載のものです。

アップルシリコン搭載のものは
手順が違う可能性があります

作業前に確認したいポイント

作業に入る前に確認してもらいたいのが

・コンセントにつながっているか
・ノートPCなら充電されているか

です。

たまにこれが原因ということがあるようです。
それでは、対処法の解説をしていきます。

試してもらいたい対処法5選

電源の確認が終わったら
作業に入っていきます。

5つの対処法
  1. ケーブルを外して起動
  2. SMCリセット
  3. NVRAM(PRAM)リセット
  4. セーフモードで起動
  5. リカバリモードで起動

順に解説します。

①つながっているケーブルを極力外して起動する

ケーブルやその他の機器で帯電が起こっている
可能性があるため最低限必要なもの以外の
ケーブルを外します。

・スピーカー、イヤホン
・外付けHDD
・スマホ用充電ケーブル
・マウス、キーボード

外せるものはすべて外します。
その後再起動をしてみてください。

②SMCのリセット

システム管理コントローラーのリセットです。
(System Management Controller)
Macの電源周りを制御したり
管理したりしている機能です。

・フリーズする
・充電ができない
・電源を押しても起動しない
・ノートPCを開閉しても反応がない
・予期せぬシャットダウンや
 スリープが起こる
・処理が極端に遅い
・アプリケーションが起動しない
・USBポートが認識されない

上のような状態のときに
試してみてください。

SMCリセットの手順

デスクトップPCとノートPCとで
手順が違います。

デスクトップPCの場合

①システム終了
②電源コードを外し15秒待つ
③電源コードを接続し15秒待つ
④起動する

ノートPCの場合

①システム終了
②[shift]、[command(⌘)]、[option]
 を押しながら電源ボタンを
 10秒間押し続ける
③離して、起動する

③NVRAM(PRAM)リセット

NVRAM:エヌブイラム
(Non-Volatile Random Access Memory)
intel製のプロセッサが入っているもの

PRAM:ピーラム
(Parameter Random Access Memory)
それ以前のMac

起動ディスク、解像度、音量など
設定情報を記憶させておくメモリです。

・画面の異常
・電池持ちが悪い
・ファンが回りっぱなし
・ハードディスクの容量異常

上記のようなときに試してみてください。

NVRAM(PRAM)リセットの手順

①システム終了
②[command(⌘)]、[option]、[P]、[R]
 を押したまま起動
③2度目の起動音が鳴るまで待つ
※Macbookpro2016は起動音が
 ならないので20秒押し続けて離す

音量がリセットされるので起動音が大きく
びっくりするかもしれません。

前にMacbookでハードディスク容量の
余裕があるはずなのに容量がないという
表示が出たときに
これで直ったことがあります。

④セーフモード(セーフブート)で起動

起動に必要な最低限のシステムだけ
を起動して自動的に修復も試みてくれます。

・キャッシュのクリア
・問題部分のスクリーニング

上記のようなときに試してみてください。

セーフモード(セーフブート)の手順

①システム終了
②再起動してすぐに[shift]を押す
③アップルロゴが出たら離す
④ログインする
⑤右上にセーフブートと表示される

これで起動するのであれば後からの設定で
問題が起きていると言えます。

セーフモードを終了するには
通常通りにシステム終了をして
何もせずに再起動します。

⑤リカバリモードで起動

通常の起動ができないときに使います。

①ディスクユーティリティ
②OSの再インストール

の順で進めます。

・ハードディスクを修復したい
・OSを再インストールしたい

上記のようなときに試してみてください。

リカバリーモードの手順

①システム終了
②[command(⌘)]、[R]
 を押しながら起動する

iMacリカバリーモード起動画面
引用サイト:https://support.apple.com/ja-jp/HT210898

起動後
ディスクユーティリティを選択
[続ける]をクリック

ディスクユーティリティディスクイメージ選択画面
引用サイト:https://support.apple.com/ja-jp/HT210898

メニューバー
[すべてのデバイスの表示]をクリック

ディスクユーティリティ2
引用サイト:https://support.apple.com/ja-jp/HT210898

下から順番に修復を試みる
上図だとMacintosh HD-Dataを選択
[First Aid]をクリック

iMac First Aid実行画面
引用サイト:https://support.apple.com/ja-jp/HT210898

[実行]をクリック

iMac First Aid実行中
引用サイト:https://support.apple.com/ja-jp/HT210898

終わったら完了]をクリック
リストの1つ上で同じ作業を行う
→ディスクの各ボリューム
→ディスクの各コンテナ
→ディスク本体

注意

  • [実行]がない場合は[ディスクを修復]をクリック
  • ボタンがクリックできない場合は飛ばして次のリストへ
  • パスワードが必要な場合は管理者のパスワードを入力

OS再インストール

ディスクユーティリティで
うまく行かなかった場合は
OSの再インストールを試みます。

OS再インストール1

[macOS Big Surを
再インストール]を選択
[続ける]をクリック

インストーラーの指示にしたがって
進めてください。

我が家のiMacの場合

ハードディスクの修復完了まで進みましたが
起動途中で止まるのは変わりませんでした。

OS再インストールも進めてみましたが
インストール途中で止まってしまい
完了まで至りませんでした。

ハードウェア診断

ここまでのことをやれているのであれば
可能性は低いかもしれませんが
そもそもパソコン自体が故障しているのでは
という診断ができます。

ハードウェア診断の手順

①システム終了
②[command(⌘)]、[D]
 を押しながら起動

iMacハードウェア診断画面
引用サイト:https://support.apple.com/ja-jp/HT202731

上の画面になります。
異常があれば素人には
手が出せない域かと思います。

リファレンスコードと呼ばれる
英数字の配列が出るので
メモをして修理にという感じでしょうか。

まとめ

iMacが動かなくなったときに
まず試してみる5選を紹介しました。

試してみてほしい5つの対処法
  1. ケーブルを外して起動
  2. SMCリセット
  3. NVRAM(PRAM)リセット
  4. セーフモードで起動
  5. リカバリモードで起動

私の場合はすべてやってみましたが
ダメでした。

修理に出すことも考えましたが
調べたら3万円程度はかかりそう。

ぽちぽち

お高い!

ハードウェア診断をやってみて
異常がないことがわかったので
自分で行けるところまで
行ってみようと決意しました。

ただ、普通の修復はあきらめて

・iMacから必要なデータを抜き取る
・初期化して再設定する

に目標を変更しました。
やり方は次の記事に続きます。
>>>起動しないiMacからデータを安全に取り出す2つの方法

これを読んでいる皆さんは
今回の対処法で直ることを
願っています。

最後まで読んでいただいて
ありがとうございました。

お役に立てたら幸いです。

署名
よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

タップできる目次
閉じる