SiteguardWP無効化後にサイト管理URLを変更したらログインページが404になったのでバックアップサイトをコピーした

①SiteguardWPを無効化
②ログインページが変わった
③自分でサイト管理URLを変えてしまう
③ログインページが404になってしまった
④ログインできなくなる

このような悩みを解決する記事です。

CocoonからSWELLにテーマ変更した際に
3つの失敗で大変苦労しました。
まとめ記事はこちら
>>>WordPressでテーマ変更した際の3つの失敗と解決方法まとめ

そのうちの1stエピソード

SiteguardWPを無効化したら
ログインページが変わり
さらに自分でサイト管理URLを変えて
ログイン画面が404になった

経過と解決策です。

解決方法
  • レンタルサーバー上で
    バックアップサイトを復元

解決方法として推奨しません。
もっと違う方法を調べてみて
どうしてもダメならという最終手段で
使ってもらえたらと思います。

緊急事態時の曖昧な記憶と
素人が調べて進めたので
間違いがあるかもしれません。
自己責任でお願いします

タップできる目次

ログインページが404になるまでの経過

STEP
バックアップサイト、テストサイト作成

しばゆーさん(@shibayu_blog)の記事を参考にサブドメインで
バックアップサイトとテストサイトを作りました

引用:シバログ

STEP
メインサイトをSWELLに

当初はテストサイトで全記事リライトしてから
メインサイトへエクスポートする予定でしたが

ぽちぽち

誰も読んでないしいいか

とテストサイトでSWELLを少し触り
メインサイトをSWELLにテーマ変更

STEP
SiteguardWPを外す

SWELL公式サイトで非推奨であった
SiteGuardWPを無効化する

STEP
ログインページのURLが変更される

SiteGuardWPで設定されていた
ログインURLが変更されて
404ページが出現

STEP
自分で管理URLを変更してしまう

ブラウザに残っていた履歴から
どうにかWordPress内に戻る

WordPress一般設定内
WordPressアドレス/サイトアドレス
を変更すると良いという
曖昧な情報を鵜呑みにして実行

WordPress一般設定
一般設定
STEP
ログインページが404のまま

今までのログインページも
新しくしたURLを打ち込んでも
404ページが出現

ぽちぽち

うわ、ブログ終わった

と頭が真っ白になりました。

解決方法

最終的な解決方法は

レンタルサーバー上で作った
バックアップサイトを
メインサイトに戻す

でした。

もっと良い方法があるかもしれません
あくまで僕が解決した方法です

レンタルサーバー上でのサイトコピー手順

Conoha WINGログイン後画面
引用:Conoha WING

Conoha WINGにログイン
①WINGタブ
②[サイト管理]

Conoha WINGサイト設定画面
引用:Conoha WING

③コピー先のURLを確認
④[サイト設定]
⑤WordPressタブ
⑥[+WorePress]を選択

Conoha WINGWordPressコピー画面
引用:Conoha WING

⑦サイトコピー
⑧コピー元を選択
⑨ユーザー名(わかりやすいもの)
⑩パスワード(覚えやすいもの)
[保存]をクリック

これでバックアップサイトを
メインサイトにコピーが完了。

WordPressログイン画面
引用:WordPress

懐かしのログイン画面が戻ってきて
一安心しました。

まとめ

WordPressのプラグイン
SiteguardWP」を無効化してしまい
その後サイトURLを自分で変更
ログイン画面にたどり着けなくなったときの
解決方法を解説しました。

解決方法
  • レンタルサーバー上で
    バックアップサイトを復元

もっと良い方法があるかもしれません
あくまで最終手段的な方法と思います
自己責任でお願いします

他にもテーマ移行時に起こした
失敗と解決方法をまとめた記事はこちら

参考になれば幸いです。
最後までお読みいただき
ありがとうございました。

署名
よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

タップできる目次
閉じる