【NFTの管理/整理に】OpenSeaコレクションの作成手順を図解

OpenSea コレクション作成手順アイキャッチ
  • URLをコピーしました!
悩めるネコ

NFTの管理って
どうすればいいの?

このような方に向けての記事です。

こんにちは。
ぽちぽちです。

・NFTを作った
・NFTを買った
・NFTをもらった

と所持しているNFTが増えてくると
整理や管理が大変です。

OpenSea内で『コレクション』と呼ばれる
フォルダのようなものを作ることで
管理がカンタンになります。

OpenSeaコレクション例
引用:OpenSea

さらにコレクションの設定は
今後NFTを売買するときにも役立ちます。

この記事の通りに進めると
コレクションが作成できます。

ぽちぽち

試しに作ってみよう!

OpenSeaコレクション作成
  • NFTを管理するフォルダ的なもの
  • MetaMaskと接続
  • コレクションの設定を進める
タップできる目次

OpenSeaコレクション作成手順

コレクションは以下の
ステップで作っていきます。

①Metamaskと接続
②コレクションの設定

①Metamaskと接続

1ステップ目はMetamaskとの接続です。

OpenSeaマイコレクション選択画面

OpenSeaページ右上アイコン
[My Collections]をクリック

OpenSeaマイコレクション作成ボタン

[Create a collection]をクリック

Metamask署名画面

MetaMaskで署名を
求められます。
[署名]をクリック

②コレクションの設定

OpenSeaマイコレクションロゴ画像等設定画面

  • Logo image:コレクションのアイコン(350×350推奨)
  • Featured image:コレクションのアイキャッチ(600×400推奨)
  • Banner image:コレクションのバナー(1400×400推奨)

アイコン以外は後からでも可

OpenSeaマイコレクション名前等設定画面

  • Name:コレクションの名前
  • URL:コレクションのURL(英字小文字、数字、ハイフンのみ)
  • Description:コレクションの説明(日本語も可)

OpenSeaマイコレクションカテゴリー等設定画面

  • Category:当てはまるものを選択
  • Links:サイトやSNSなどのURL
  • Royalties:作品の転売時に発生する割合を設定(%で入力)

OpenSeaマイコレクションウォレットアドレス等設定画面

  • Your payout wallet address:転売料金を受け取るウォレットアドレス
  • Blockchain:作品を売買するときに使うブロックチェーン
  • Payment tokens:やり取りのときに使う暗号資産
  • Display theme:表示のしかた
  • Explicit & sensitive content:過激なもの、直接的なもの等の場合はチェック

ウォレットアドレスのコピー方法

①ブラウザ右上のMetamaskをクリック
②ウォレットアドレスをクリックでコピー

ブロックチェーンの選択

Ethereum(イーサリアム)」か「Polygon(ポリゴン)」を選びます。
特徴は以下のとおり。

ブロックチェーンイーサリアムポリゴン
NFTの取引数多い少ない
価格帯高い安い
手数料(ガス代)必要必要なし
初めての出品ガス代必要ガス代不要

画像ではポリゴンを選択しています。

後から設定変更ができません

やり取りに使う暗号資産

追加したい場合は[Add token]から追加します。
画像では「USDC」を追加しています。

[Create]をクリックして完成です

OpenSeaコレクション例示
引用:OpenSea

まとめ:まずは試しに作ってみよう

OpenSeaでコレクションを作成する方法
について図解しました。

OpenSeaコレクション作成
  • NFTを管理するフォルダ的なもの
  • MetaMaskと接続
  • コレクションの設定を進める

次のステップは
『画像をNFT化してみる』です。

NFT全体の流れを確認したい方は
こちらから▼

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

タップできる目次