【複数サイトで確認】ふるさと納税上限額をシミュレーション

・ふるさと納税の上限額が知りたい
・自分の上限額の調べ方が知りたい

このような疑問を解決する記事です。

こんにちは。
ぽちぽち(@pochi14_com)です。

ぽちぽち

ふるさと納税始めてみよう!

と心に決めてからまず必要な情報は

自分がいくらまで寄附ができるのか
という上限額です。

その上限額の調べ方について
解説していきます。

記事の内容
  • 源泉徴収票を使って複数サイトでシミュレーション
  • 最初から上限ギリギリを目指さない
  • 自分に合ったサイトから

ふるさと納税って何?
どんな仕組みなの?

という方はこちらを先にご覧ください。
>>>【図解で簡単】 ふるさと納税の仕組みを解説

以下説明していきます。

※今回の対象は勤め先がある方々です。

タップできる目次

サイトでシミュレーションしてみる

ふるさと納税サイトに行って
シミュレーションします。

スペルは、Simulationなので
シ「ュ」ミレーションではなく
シミ「ュ」レーションなんですよね。
間違いやすい。

僕が使っている

楽天ふるさと納税で説明していきます。

ふるさと納税シミュレーター
引用サイト:https://event.rakuten.co.jp/furusato/

左側灰色のメニューの下部
[詳細版シミュレーター]をクリック

詳細版シミュレーターで正確性を上げよう

詳細版シミュレーターを使ってください。

かんたんシミュレーターは
大まかな数字しか出ないので
上限額が曖昧になってしまいます。

源泉徴収票を用意してください

源泉徴収票とは、法定調書のひとつであり、日本において、給与・退職手当・公的年金等の支払をする者がその支払額及び源泉徴収した所得税額を証明する書面

出典:Wikipediaより一部抜粋

源泉徴収票を参照しながら
記載があるところを入力していきます。

詳細シミューレーター1
詳細シミューレーター2
詳細シミューレーター3
詳細シミューレーター4
引用サイト:https://event.rakuten.co.jp/furusato/

 

自分が入力する以外の項目も目に入ります。
こんなところにも控除があるのかと勉強に。
いつか使う日が来るのかなと夢みたり。

入力が終わったら
計算するボタンをポチッと押すと、

詳細シミューレーター5
引用サイト:https://event.rakuten.co.jp/furusato/

こんな感じ。
からの

詳細シミューレーター6
引用サイト:https://event.rakuten.co.jp/furusato/

これで上限額が算出されました。
自身の上限がわかったところで

ふるさと納税を始め・・・

てはいけません

スラムダンク19巻
出典:井上雄彦「SLAM DUNK」19巻

複数サイトで検証

今回出した上限額は本当に妥当な金額か
複数サイトで検証します。

「ふるさと納税 上限」と検索すると

有名所では、、、

◯ ふるさとチョイス

◯ さとふる

などが表示されるかと思います。

似たようなシミュレーターがあるので
そちらでも打ち込んでみると
サイトごとでも上限額に
違いが出ることがあります。

ふるさとチョイスふるさと納税上限額シミュレーター
引用:ふるさとチョイス

さとふるふるさと納税上限額シミュレーター
引用:さとふる

もっとも正確な算出方法は
税理士さんに依頼する
というものですが
別件での用がなければ
そこまで必要ないかなと思います。

最初から上限ギリギリを目指さない

算出した上限額の中から一番低い上限額
に合わせて進めていきましょう。

上限を超えないように進めていき
年末にスパートをかける

これがポイントです。

転職や収入の大幅な変化があると
上限額が変わる可能性もあります。

最後の追い込みは
今年度の源泉徴収票をもらってから
上限額ギリギリを狙います。

自分のニーズに合ったサイトから

複数サイトでシミュレート
していただいたかと思います。
その中で自分に合ったサイトから
申し込みしましょう。

・自分が愛用しているポイント
・お得なキャンペーン
・口コミが多いなどの使いやすさ

あたりが判断基準になりそうでしょうか。

僕は楽天経済圏にいるので
楽天ふるさと納税から行いました。

>>>【誰でも簡単】楽天ふるさと納税の手順解説

楽天ユーザーの方には
オススメかなと思います。

ログインしてからシミュレーションをすると
上限額を記録しておくこともできます。

人に見られてしまうと年収や家族構成など
個人情報が流出する危険があります。

引用・参考

◯ 楽天ふるさと納税

◯ 井上雄彦 SLUM DANK 19巻

◯ wikipedia

 

最後まで読んでいただき
ありがとうございました。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

タップできる目次
閉じる