必須じゃない!アドセンスの「スポンサーリンク」「広告」

悩めるネコ

広告ラベルって
つけないといけないの?

このような疑問を解決する記事です。

Googleアドセンス広告を貼るときに
「スポンサーリンク」「広告」
絶対につけないといけない。

と思っていませんか?

実は必須ではありません

「スポンサーリンク」や「広告」は
広告ラベルと呼ばれるもので
表示設定についてまとめました。

広告ラベルまとめ
  • 広告ラベルは必須ではない
  • 広告であるとわかりやすい表示を
  • わかりにくいときに広告ラベルを使用
  • ラベル名は「スポンサーリンク」「広告」
タップできる目次

Google AdSenseのポリシー確認

広告ラベルに関しての
ポリシーを確認すると

Google の広告ユニットの上に誤解を招くようなラベルを表示すること。たとえば、「スポンサーリンク」や「広告」は使用してもかまいませんが、「お気に入りサイト」や「本日の特典」などの表現は使用できません。

引用サイト:https://support.google.com/adsense/answer/48182(一部抜粋)

とあります。

配置に関しては

Google 広告、検索ボックス、検索結果については、次の行為が禁止されています。
・ページのさまざまな要素によって不明瞭にすること。
・ボタンなどのすぐ近くまたは直下など、アプリや広告に対する一般的な操作の妨げに
 なるような位置に広告を配置すること。

引用サイト:https://support.google.com/adsense/answer/48182(一部抜粋)

とあります。

要するに
広告ではないと偽るように
載せたり

操作しているうちに意図せず
広告を押してしまうような載せ方

が禁止と解釈できます。

広告とはっきりわかるような掲載であれば
「スポンサーリンク」/「広告」
と表示する必要は
ありません。

広告ラベルを載せる必要があるときは
「スポンサーリンク」/「広告」を使用してください。

ということです。

WordPress内の広告ラベルの設定方法

WordPressで広告ラベルの表示設定手順です。
Cocoonテーマなので違うテーマの場合は
手順が異なることもあるかと思います。

 

Cocoon設定
Cocoon設定

Cocoon設定内
広告タブをクリック

Cocoon設定広告ラベル設定
広告ラベル設定

広告ラベルの文言を設定

 

広告ラベル表示設定

広告の表示位置内
広告ラベルが必要な箇所の
[詳細設定]をクリック
[広告ラベルの表示]にチェック
[変更をまとめて保存]をクリック

WAFの設定に注意

これで広告ラベルの表示設定が完了します。

・メニューとかぶる場所を避ける

・広告とわかりづらそうな場合に
 広告ラベルをつける

などとポリシーに準拠しながら
ご自身のサイトに合った
設定にしてみてください。

広告ラベルまとめ

Googleアドセンスの広告ラベルについて
まとめました。

広告ラベルまとめ
  • 広告ラベルは必須ではない
  • 広告であるとわかりやすい表示を
  • わかりにくいときに広告ラベルを使用
  • ラベル名は「スポンサーリンク」「広告」

参考になれば幸いです。

最後までお読みいただき
ありがとうございました。

署名


よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

タップできる目次
閉じる